エントリー後の利食いターゲットの判断方法とは?

為替市場はとにかく弱肉強食の世界。現実社会のような弱者救済処置など一切通用しません。

自己の損失=他人の利益にに転換していく。

これが投資の世界の基本のスタイル。

”自分は初心者だから。。”

。。。など、この様な甘い言い訳は一切通らない世界。

この様な考えの人間は投資に手を出すべきでは無いと思う。

相場の世界には100%というセオリーが存在しません。

なぜならば、人の心理で常に価格が動いているからです。

管理人は6.7年為替相場でトレードの経験を積んできましたが、

FXは確率論で攻めていく

。。。。と私は考えています。

絶対に勝てる手法などは存在しないが、

勝ちやすいセオリーは存在する事は確かです。

もしも、未来相場を把握出来るならば。。

未来の相場を的確に判断していく事が可能であれば、

誰もが100%の勝率を収めていく事が可能になります。

正し、これは現実的でない事くらい十分判断出来ると思います。

しかし、世の中にはこんなソフトが存在するのです

未来予知FX~デイトレism~

この未来予知FXの凄い所は、

エントリーの判断は勿論の事、

エントリー後の利食いの見込み幅を自動で計算してくれます

FXはエントリーのタイミングが最も重要で有る事は変わりはありませんが、

出口戦略=決済ポイントも重要。

殆どの初心者トレーダーは何処で決済したら良いのか判断に迷う事が大半だと思います。

なぜならば、こうしたターゲットを判断していくには

十分なトレード経験を必要とするからです。

しかし、

この未来予知FXを使う事で、

初心者でも利食いターゲットを容易に判断していく事が可能になります

未来予知FXの詳細を見てみる

因みに、データーの読み方ですが、

上の方に表示されるデーター程、目標利益に達成する確率が高くなります。

※もっと詳しく知りたい人はこちらのレビュー記事をご覧下さい▼

管理人はこの未来予知FXを1か月程検証してみましたが、

さほど悪く無いシステムだと考えています。

むしろ、こうしたインジケーターをどんどんと活用すべきだと思います。

未来予知FXの内容について

実はこのツールは、ドラゴンストラテジーFXでも有名な旅するトレーダーヒデさんによる新作ツール。

まぁ、ヒデさんが本当に現実に存在するのかは怪しいのですが、

内容的にはそんなに悪い内容では無いと思います。

この未来予知FXに何が出来るのかと言うと

大体こんな感じです▼

================================
適切なエントリーのタイミングを把握出来る

何処までポジションを保有すべきなのかを把握できる

全時間足・全通貨ペアに対応

=================================
チャートの仕様は至ってシンプル

ターゲットを狙うコツとしては、達成率50%以上を狙う事

正し、個人的なトレード検証の結果から言わせてもらうと、

ターゲット到達率10%~40%でも十分に利食いに繋がる場合も有ります。

詳しい使い方などは会員ページにて紹介されているので

そちらを参考にするとよいと思います。

未来予知FXの3つの機能について

ターゲットフォーチューン

冒頭で解説したエントリー後のターゲット目安をここから判断していきます。

※この数値はリアルタイムで表示されます。

エントリーシグナル

赤が売りを示すサインで、緑が買いを示すサイン。

逆張りサインなので相場の折り返しを狙う事が可能になります。

Exitbands

簡単に言えば移動平均線んみたいなもの。

このバンドにローソク足がタッチすると、98%の確率でリバースが起こります。

ただし、その場ですぐにリバースするとは限りません。

一旦大きく反発した後、再度何度も意識された後に方向転換する場合が有ります。

様子を見ながら決済の判断目安にすると良いでしょう。

以上が未来予知FXの大体の特徴。

”FXで安定した利益を確保していきたい!”

という人にはお勧めです。

詳しく見てみる!

相場の世界は弱肉強食の世界!

何ども言いますが相場の世界は決して甘くはありません。

誰もが簡単に稼げる程単純な仕組みでもありません。

コンスタントな利益に繫げていくには

市場心理をいかに的確に判断していく事

が一番のカギで有ることは言うまでも有りません。

はっきり言ってこれ以外に有りません。

市場心理を掴んで行くには、やはり経験を積んでいく以外方法は在りません。

しかし、未来予想FXのようなツールを生かしていくことで

スキルアップに繫げていくきっかけとなるでしょう。

詳しく見てみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク