地政学リスクにおける、為替への影響は?

5月に入り、ドル円は一時的に114円を試す展開となったが、

その後は110円台まで収束しています。

この影響は、何と言ってもアメリカのドナルドトランプ氏による、北への憲政と、

ロシア問題が絡んでの事だと考えています。

為替に対する「地政学リスク」は4月半ばよりずっと継続している状態で、

未だ警戒が必要と思われます。

ドル円の日足を見ると、丁度下降トレンドに差し掛かった状態です。

やや調整と思われる動きも感じられますが、

ここで北朝鮮が何か軍事的な行動を起こしたりすれば、

大暴落が予想されます。

もちろん、こうした影響は為替だけでは有りません。

株価や、先物指数にも当然影響が出ると考えられます。

地政学リスクが起こったら、投資家をどうすれば助かるのか?

仮に、北朝鮮と、米国の有事が勃発した場合は、一時的に為替が大きく乱れると予想されます。

しかし、だからと言って安易な行動は禁物です。

軍事ミサイルなどの地政学的なリスクが勃発した場合、

正直、何が起こるか予測が付かない状態に陥るのです。

こんな時はチャートは正直に反応しますから、

ひたすらチャートの動きを追うしか有りません。

出来ればそのような、大規模な地政学リスクが生じた場合は、

下手にエントリーせず、様子を見た方が良いでしょう。

(※間違い無く、リスクオフに陥り易くなるとは思いますが。。。)

いつ何が起きても良いように、損切りだけは入れておきたいものですね。

損切りを入れておくことは、こうしたリスクも大幅に軽減することが出来るのです。

リスクを計ることも投資ではとても重要です。

地政学リスクとは言い難いですが、昨年のイギリスEU離脱騒動は記憶に新しいですね。

あの日ポンド円は30円近く下がり、大パニックになりました。

このまま北朝鮮がおとなしく引き下がる可能性も有りますが、

常に万が一のことを考慮に入れながら行動を起こすことが、

快汗の世界で生き残る術だと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク