メテオチャートの今後の優位性について

メテオチャートデイトレードプレミアム

"ローソク足を一切使わずに、

勝率80%以上を目指していける、デイトレロジック"

として、密かに注目を浴びているこの、メテオチャートですが、

連日のように売れているようですね。

チャートの開発者は、坂巻滋さんで、

販売元は、恋スキャFXでも有名な、FXjinさんのクロスリティリング。

クロスリティリング社は、情報業界でも有名な企業ですから、

一度は聞いた事が有ると思います。

さて、管理人も早速メテオチャートを購入してみましたので

ダイレクトな感想を書きたいと思います。

メテオチャートはバリバリのトレンドフォローロジック

普通のローソク足の場合、

小刻みな相場のノイズが発生しますので、

この様な、はっきりしたトレンドが現れることはそう多くは有りません。

所が、メテオの場合、

相場のノイズを「ヒゲ」に集約させているので

無駄な動きが省かれています。

まぁ、実際はノイズが省かれているのではなく、

ノイズを大雑把に捉えているだけなのですが、

それでも、複雑な動きをする「ローソク足」よりかは、

トレンドの方効が若干掴みやすいのかな?

。。。。と思います。

エントリールールについて

メテオチャートのエントリールールは簡単

1:メテオサインの点灯

2:本シグナル(矢印サイン)の点灯

3:条件に見合えばエントリー

上記3っの繰り返しになります。

メテオチャートの特徴を簡単にまとめると、

:リスクだけの動かない相場を回避できる
 :チャートの足は決められた価格ごとに確定していく
: 細かく動かないため、トレンドが一目瞭然
: 相場の方向性がすぐに分かる
 :買いと売りの判断にまず迷わない
 :高値と安値が見てすぐ分かる
 :トレンドフォローが圧倒的にやりやすい

まぁ、強いて言えば

FXの王道的なトレードスタイルでもありますね。

トレンドの勢いが出た方向に向かって

素直にエントリーできる

これが「メテオチャート」なのです。

「相場のサイクル」をしっかりとつかんでいける!

相場の動きと言うものは、大きく分て上記の3ッのサイクルに分かれます。

停滞、エクスパンジョン、収束、

この3っのパターンのうち、

一番利益の見込みが高いのがブレイク状態である「エクスパンジョン」

これ以外の相場を総称して「レンジ」と呼んでいます。

ただ、時間軸のチャートですと、

「ボックス」と、「収束」の状態が似ているので、区別が付きにくいのですが、

メテオチャートなら、

ボスクスレンジ、収束期間を簡単に見分けることが可能です▼

少し微妙ですが、

私の見立てではこんな感じでしょうか?

ボックス相場は、後に「ブレイク」が控えている事が多く、

「収束」は、一時的なボラティリティーの変化における反発や、

ブレイク直後の停滞期のような機関ですね。

「レンジ」、「ボックス」いづれ方向が不安定であり、

トレードには適さない期間でもあります。

スキャルピングであれば、上記のような場合であっても、

上手く工夫すれば利益が取れますが、

初心者にはかなり難関です。

あえて難関な相場でトレードに挑むよりも、

相場がエントリーする方向に動きやすいタイミングを狙った方が

必然的に勝ちトレードで終える確率が高まります。

決局はFXは「確率論」である

トレード手法には様々なスタイルが存在しますが、

FXで勝ち続ける為ためには、

勝てる見込みの高い相場に売買を絞る事

これに限ると考えています。

このルールを貫くことが最善だと思いまうs。

メテオチャートなら、相場の方向感が掴みやすいのと、

売り、買いも一瞬で判断出来てしまうので、

デイトレードのような、

比較的ポジションを長く持つトレードスタイルに適しています。

チャートを使っていろんな事が身に付くと思います

【この商材の関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク