1分スキャルで負けない為のメソッドとは?

1分足でも使えるおすすめのロジックこれ!

FXの商材は沢山出ていますが、中でもスキャルピング系は人気ですね。

その理由は、

スキャルピングなら短時間で効率良く利益に繋げる事が出来る

というイメージが強いのではないでしょうか?

最近でも、北田式1分スキャルという商材も出ています

注目のスキャルピングロジック▼ 黄金シグナルでも有名な、北田さんが 近日1分足スキャルロジックを公開するとの事。 ...

しかし、相場の世界は決して短時間で簡単に稼げる程甘くなく、

むしろ、何も考えずに漠然と注文を繰り返したとしても、

ハイリスクなだけで、何のメリットも有りません。

1分足チャートは特にノイズが入り易く、

5分足でトレンドが出た状態でも、

1分足では押し目や戻りの段階に入っている場合も少なく有りません。

1分足スキャルで利益を確保し続けるには、

相場の心理を的確に読み解いていくことが大事

と私は思います。

どのようにして相場の心理を読み解くのか?

これに関しては、やはり練習がモノを言うと思います。

どんなに素晴らしいロジックが公開された商材を手に入れても、

その手法で本当に満足のいける結果に繋げて行く為には

経験を何度も積むしか無いのです。

最速で勝てるようになる方法なんて有りません。

人によってはの見込みが早い人もいるでしょうが、

スキャルピングはスピード的なものが勝負な面も有るので、

「売買の感覚・コツ」を実践から学んでいくしか有りません。

例え、世間で「プロトレーダー」と呼ばれるトレーダーであっても、

一歩気を抜けば破産に追い込まれるリスクも有るし、

初めから「プロ」だった訳でもなく、

何度も練習や実践を重ね、経験を通してプロに慣れた訳です。

FXに限らず、物事を極めるには

それなりの経験を通してスキルを助長させていくものと思います。

どうしても普段仕事が忙しくて

1分足スキャルにこだわるのであれば、

有る程度ルールを決めて売買を繰り返していくしか有りません。

基本的には「逆張り」の方がチャンスが多い

スキャルピングは、順張り・逆張りとちらが適している?

。。。と聞かれたら

圧倒的に逆張りエントリーの方がチャンスが多いと言えます。

もちろん、1分足チャートのみに固執しても良いのですが、

出来れば他通貨の相関関係や、

5分足以上の動きなども見ておくと良いと思います。

仮に「ドル高」が急激に加速した場合、

ドル円なら、売り注文よりも買い注文のほうが勝ちやすいので、

トレンドの流れをしっかり掴むようにしています。

ドル円だけでなく、ユーロ円、ユーロドルくらいの動きは把握し、

目線を広げる事で、

エントリーを、勝てる見込みの高いタイミングに絞っていくのです。

少なくとも管理人はスキャルの場合はそうしてます。

その場の感情だけではエントリーを決めないようにしています。

管理人愛用の1分足スキャルロジックを見てみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク