FXで勝ち続けるには、とにかくチャートに従うこと!

はっきり言って、投資で勝つ続ける事は決して簡単では有りません。

投資で成功している(※利益を出している)のが、全体の5%に過ぎない。

よく、巷の情報商材のキャッチフレーズなどには、

サインに従えば誰もが同じような成績を叩き出せるという表現が多いのですが、

この世界は決して甘い世界では有りません。

また、執拗に特定の商材だけを持ち上げている「口コミ掲示板」も要注意。

あんなものは管理人の裁量でいくらでもヤラセのコメントを演出出来るのです。

投資の世界はプロと素人が同じ土俵で戦いを繰り返していきます。

この「プロ」とは、単なる個人トレーダーレベルの「プロ」では無く、

ヘッジファンド等の機関投資家筋のこと言います。

彼らは資金力は非常に豊富であるので、相場への影響が大きいのです。

トレンドは「期間投資家」は作り上げている!

先のも述べたように、

機関投資家は資金力が豊富である為、トレンドの形成に影響力が高く、

彼らに逆らっていては勝てません。

期間投資家の存在は、個人トレーダーを「カモ」としか見ていないので、

下手すると破産の危機に追い込まれるのです。

マーケットの仕組みをしっかり理解することが、この世界で生き残る術なのです。

ではどう言ったタイミングでトレンドが形成されていくのか?

やはり、過去に意識される抵抗付近でどうアクションを起こすかで

有る程度のトレンドの方向が決まってきます。

基本は、押し目や戻りを狙うのが効果的!

上記は、押し目買いと、戻り売り両方のエントリーのパターン。

押し目買いとは、安値圏の反発を利用して、ロングでエントリーすること。

「戻り売り」とはこの反対のエントリーパターンになります。

上記は、上昇⇒失速⇒再上昇というパターン。

この場合は、下落している時はショートを狙い、

下落が落ち着いた頃にロングでエントリーすると非常に効果的です。

この様に、トレンドの方向を重視する「押し目」「戻り」は勝率が高く、

理想的な利食いのパターンなのです。

試しに、押し目と戻り狙いだけを徹底してみて下さい。

高確率でトレードの成績が向上するはずです。

押し目・戻り狙いが勝率が高い理由とは?

答えは簡単です。

相場が折り返す地点(※押し目・戻りゾーン)は抵抗が隠れていて、

そこに期間投資家をはじめ、大量の注文が殺到しやすいからです。

相場の価格が動くのは、「売り」と「買い」の注文のバランスに応じて動いていきます。

この為、急激に買い注文が殺到すれば相場は上がる訳で、

反対に、何らかの原因で「失望売り」が進めば価格は急激に下がるのです。

レンジ相場とは、売り・買い注文のバランスが取れている状態なので

価格の変動があまり起こりにくくなるのです。

この仕組みをしっかり押さえておけば、

FXで勝つい続ける事は決して難しい事では有りません

(※もちろん、適切な資金管理を行なうことが前提)

では、どう言ったタイミングで「押し目」・「戻り」を狙えるのか?

簡単に言えば、天井圏や、安値圏で逆張りエントリーですね▼

実は、上記のように、適度なタイミングで

押し目や戻りをしっかり狙えるロジックがあります。

⇒セミオート!最新AI機能が生み出した、最新FXストラテジー

上記のツールを半信半疑で管理人も導入してみましたが、

ロジックがシンプルで、非常に信頼度の高いシグナルです。

押し目と戻り売り狙いに特化しているので、

この先も安定したパフォーマンスが期待出来る事でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク